アクセサリーの歴史



その歴史をたどっていくと、紀元前3,000年のウル文化の埋葬遺跡で発見されたことが始まりだったとみられているほど、長い歴史があるものがシルバーアクセサリーです。この歴史の長さから、シルバーは人間が初めて使用した金属とも言われています。その後もシルバーは聖なる金属として、魔よけの金属という意味を持ちながら、多くの人々がシルバーアクセサリーを身に着けてきました
そんなシルバーアクセサリーの特徴であり魅力である点は、なんといっても男性でも女性でも身につけやすく、派手さがないため自然な落ち着きを表現できる楽しみがあることです。ゴールドやプラチナというと変わらない輝きが魅力ですが、シルバーアクセサリーの魅力は使いこむことによって出る自然な風合い。いぶし銀と言われる味わい深い魅力です。これは、そもそもシルバーがゴールドやプラチナよりも不安定な原子であるために生まれてくる魅力です。シルバーアクセサリーをしばらくお手入れもしないで放置しておくと、黒ずんできてしまうということはよく知られています。これは、しばしばシルバーアクセサリーが酸化したと言われますが、実際は硫化という現象が起きたことによるものです。硫化とは、硫黄と反応して原子に変化が起こる現象のことで、シルバーアクセサリーを放置しておくと、空気中に微量に含まれている硫黄の成分と反応しあって表面に硫化銀の被膜を作ってしまいます。この硫黄銀の被膜が、シルバーアクセサリーの黒ずみの原因です。もしシルバーアクセサリーが黒ずんでしまったら、クリーナーや研磨剤等を使って柔らかい布でこすり、この黒ずみを落とす必要があります。黒ずみが発生したばかりなら、柔らかい布でこするだけで硫化銀の被膜は落ちるのですが、長い間放っておいて黒ずみが濃いものになってしまっていたとしたら、何かしらの専門の溶剤を使わないと、黒ずみを落とすことはできないでしょう。そのため日常的なお手入れが必要とされるのですが、このシルバーアクセサリーの日常的なお手入れは、シルバーアクセサリーに対する愛着の気持ちを生み、長年大切に使いたいという思いを強くさせることにもつながります。
ちなみにシルバーアクセサリーは、純度を1000や950、925、900、800という数字で表現します。950なら、シルバーアクセサリーの95%が銀だということを意味します。100%銀のものは傷つきやすく、変形してしまいますので、シルバーアクセサリーとしてはあまりお勧めできません。一般的にシルバーアクセサリーに向いている銀の純度は、925だと言われています。この925は、純度を表す名称として、スターリングシルバーと言われています。1000はピュアシルバー、950はブリタニアシルバー、900はコインシルバーとも言われているのですが、このように純度ごとに名称がついているのも、シルバーが長年愛されてきている証と言えますね。

さて、そのように男女ともに高い人気を誇るシルバーアクセサリーですが、中でも人気のあるシルバーアクセサリーのブランドというものもちろんあります。特に男性に人気の高いシルバーアクセサリーのブランドといえば、多くの方が知っている、クロムハーツです。クロムハーツは、そのデザインのオリジナリティさやアイテムの多さ、そしてどれも完成度が非常に高いことなどから、ハード系シルバーアクセサリーの頂点に立つブランドといわれています。もちろん、多くの有名人やタレントが愛用しているということは言うまでもありません。またハリウッドのセレブ達に愛用されているシルバーアクセサリーのブランドといえば、ロイヤル・オーダーがあります。ロイヤル・オーダーは日本でも爆発的な人気があるので、持っているよという方もいらっしゃることでしょう。流行に左右されない、クラシカルなデザインはまさにイギリス王室を彷彿とさせ、ロイヤル・オーダーという名にふさわしいものになっています。その他にも、A&Gは1994年に設立されたシルバーアクセサリーのブランドながら、現在では世界的に有名否ブランドとなりました。重厚なボディーと繊細なつくりは、男女問わず、年齢も問わず、幅広いファンを持っています。

pickup

授業料格安の着付け教室

10分無料鑑定の電話占いからお伺いしております。お気軽にご相談ください。

電話占い